パンプス選びのコツ

痛くないパンプス > 痛い悩み > パンプス選びのコツ

パンプス選びのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パンプス選びの基本

パンプス選びの基本

パンプス選びでまずチェックするのは、靴の「かかと」「つま先」「はき口」の3箇所。

他にも確認する部分はありますが、まずは、この部分が自分の足と合っているかをチェクします。

3大チェックポイント

1.かかとがしっかりフィットしている。

2.つま先の形と、靴の先の形が同じ。

3.足幅の最も広い部分がきつくない。



ワコール機能系ビジネスパンプス一覧はこちら

パンプスをはいた状態でつま先立ちして、トゥを動かし「かかとが脱げない」ことを必ず確認!

パンプス、ハイヒールは特殊な靴なので自分の足にジャストサイズの靴でないといけません。大きすぎるサイズを選んでいませんか?

何回でも試着できるネット通販のロコンド、ジャバリは使い勝手がよいです。


かかとをチエック

かかと部分がゆるすぎず、きつすぎないか。

くるぶしに、パンプスのトップラインが当たらないか。

ヒールがかかとの中心にあるか。

つま先をチエック

足指の先端に空間があり指が締めつけられていないか。(10ミリ位のゆとりが必要)

親指と小指のつけ根部が靴となじんでいるか。

はき口をチェック

足の甲とはき口の間は少しきつめに。すき間や圧迫感がないか、足が前にすべらないか。

足の幅の一番広い部分がきつく圧迫されていないか。

中敷きもチェック

中敷きはソフトな素材でできているか。中底クッション入り、つま先裏クッション入り、低反発スポンジ入りは、疲労軽減効果大

パカパカもチェック

土踏まず部分のカーブがフィトして、あきや浮きがないか。

歩いた時にパカパカして脱げないか。

パンプス選びは、かかと、くるぶし、つま先、足裏などチェックする箇所が多いです。足の大きさは日によって多少変化するので間を開けて数回試着することが痛くないパンプス選びのコツ!


こんなパンプスは注意!


ストラップ

アンクルストラップやバックストラップはホールド感がなく歩きにくく感じます。ストラップは甲の一番高い位置にある甲ストラップか、クロスストラップがオススメです。


はき口

はき口の浅いタイプのパンプスはホールド感が少ないのでつま先に力がかかり、足が痛くなることがあります。足先のかぶりは深めで圧迫感を感じない程度にフィットしているものを選ぶのがポイント。


ヒール

ピンヒールは長く歩くには不向きです。お仕事で通勤ダッシュするなら避けたほうがよさそうですね。


ソール

ソールの素材はクッション性があるタイプだと、歩いた時の衝撃が足に伝わりにくいです。足裏が痛くなりがちな方は、試着のときにソール素材もチェックしましょう。


気に入ったデザインのパンプスは試しばきしてみましょう。試着の際はしっかり両足を履き、その場で足踏みするだけではなく、歩いて靴と足のなじみ具合を確認しましょう。

朝と夕方では、夕方のほうが足がむくんでいるので足サイズが大きめです。試着は午後から夕方に時間をかけて、試しばきするのがコツです。

店頭だと都合の良い時間帯や、長い時間試着できないので、ネット通販で購入し、自宅で試しばきするサービスが人気です。

ネット通販でパンプスを買う時の問題点

・足のサイズのみの表示のショップが多く、自分の足形、足幅に合う靴を見つけることが困難

・ストラップのタイプ別の検索ができない

・ヒールの高さで検索できない

・靴の交換をすると返送料がかかる

・届いた靴の品質がイメージと違うことがある

・返品可能期間が短い

店頭で靴を買う時の問題点

・店で試着して購入しても、家で履いたらサイズが合わないことがある

・充分な試着スペースがない

・じっくりと充分な時間の試着ができない

・洋服と靴のコーディネートができない

・靴店まで出かけるのが面倒

・店に行っても気に入った靴があるとは限らない

・店員さんのしつこい接客がウザいことがある



日本最大級♪靴のネット通販 ロコンド

日本最大級の靴のネット通販 ロコンド.jp


失敗することが多いパンプス選びは送料返品無料のネット通販がオススメです。





関連記事

  1. パンプス選びのコツ
  2. ハイヒールの歩き方のコツ
  3. パカパカしてパンプスが脱げてしまう

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントする